速報!スクープちゃんニュース

芸能、美容、スポーツ、事件、韓国芸能、トリビア的豆知識など幅広いジャンルの情報を発信していくブログです。

【ソレダメ】スーパー(サミット・イトーヨーカドー)のお得な裏技とは?

      2016/06/17



2016年6月15日の「ソレダメ!」では、東京都内でも人気のスーパーである「サミット」と「イトーヨーカドー」の2つの店舗で

人気の秘密とお店の裏側を紹介していました。

その他スペシャルで放送された内容については以下の記事をどうぞ!

【ソレダメ】6月15日分の動画と内容まとめ




【サミット】の裏技・秘密とは?

 



サミットが人気の理由は新鮮な食材です。

しかし、野菜やお肉についての常識が実は違っていたりすることもあります。

今回は3項目に分けてお伝えしますね!全く知らなかった事が絶対にありますよ!

 

 

①今朝採り野菜は朝一に買いに行っても意味がない!

野菜売り場で目にする今朝採れたばかりの新鮮な野菜。

今朝採りだというからには朝からお店に並んでいると思っている人もいると思いますが、実はそうではないんです。

サミットでは野菜を全国から取り寄せていますから、野菜が農家からお店に来るまでにかかる時間はバラバラです。

 

そのため、朝一からサミットに行っても新鮮なお野菜があるのは少ないそうです。これには驚きました!

 

今朝採りだというから朝からお店においてあるものだと勘違いしていた人も多いと思います。

では何時なら今朝採れた新鮮な野菜が購入できるのか。

 

ベストなタイミングは午後2時~3時だそうです。

 

遅くとも夕食前にお買い物に来るお客が来る前には並べるようにしているそうです。

なので、新鮮なお野菜がほしいという人は午後から行くのがいいですね。

 

 

②新しいお肉がほしいなら奥からとってはいけない!

 

サミットではお店で精肉が加工されているので、お肉がいつでも新鮮です。

しかし、時間が立ってくると新しいお肉が補充されます。

そのため、古いものを前に、新しいものを奥に置いていると考えるのが常識ですが、実はサミットでは違うんです。

 

サミットではお客様が動く動線に合わせて商品を取ってもらうため、入り口に近い方に新しいお肉を置いています。

もし、商品棚があって右側が入り口方面だとすると、右側の棚が新しいお肉が置いてある場所です。

逆に左側は古いお肉になっています。値引きシールなどがついていたらそこが古いお肉が置いてある場所だと思われますからそこを目安にするのもいいですね。

 

 

③特売食品が売り切れでもあきらめてはいけない!

 

チラシなどで特売されている商品があって、買いに行ったけど商品がもうなかったということがあります。

そんなとき、あきらめてそのまま帰ってはいけません。

 

実はお店で引換券をもらっておくと、後日同じ商品が特売と同じ値段で買うことができるシステムがサミットにはあります。これは便利ですね。

この引換券をきちんともらっておけば、通常の値段よりも商品が安く買えます。

また、どうしてもお店に行くのが夜遅くていつも売り切れているという人にもすごく助かるシステムです。

 

サミットを利用している人はぜひ使ってみてください。

ただし、生鮮食品や先着順の商品は例外なので、ご注意を!



 

 

【イトーヨーカドー】の秘密・裏技って?

 



セブン&アイホールディングスが経営しているイトーヨーカドー。

その人気の秘密はクッキングサポート、いわゆる試食販売です。

カリスマパート主婦の本多さんに密着してその理由を明らかにしました。

 

 

①旬な食材のおいしい食べ方を教えてくれる

 

試食販売で使われるのはその季節に旬を迎える食材です。

この日はカツオと新生姜を使って、カツオの竜田揚げと新生姜の天ぷらを提案していました。

カツオも新生姜も今が旬の食材です。

しかし、どうやって食べていいのかわからないという人においしい食べ方を教えてくれるのがクッキングサポートです。

 

 

②手書きレシピが置いてある

 

試食ができても作り方がわからないと困ると心配する必要はありません。

イトーヨーカドーのクッキングサポートでは試食販売している食材のレシピが置いてあります。

しかも無料で持ち帰る可能になっています!

 

また購入してもしなくても持ち帰れるので、家に食材があるならレシピだけ持って帰ってもいいというのがうれしいです。

また、知らない食材があるというときでも、ちゃんとその日使われている食材と調味料が飾ってあるので、何を買えばいいのかがちゃんと判断できます。

 

 

③その日一番おいしい食べ方に

 

カツオの竜田揚げと新生姜の天ぷらを作っていた本多さん。

しかし、外の気温が25度と高くなることがわかった本多さんはなんといきなりレシピを変更しました。

カツオの竜田揚げを刺身として出すことにしたのです。それは外が暑くなってきたからでした。

やはり気温が高くなると温かい食べ物よりは冷たい食べ物の方が商品は売れます。

そのため、冷たい刺身を提供した方がいいと本多さんは判断したのです。

その日に合った一番おいしい食べ方も臨機応変に対応している本多さんはすばらしい店員さんですね。

 

 

④お客さんが必要とする量にも対応

 

買い物にやってくるお客さんは一人暮らしの方から家族連れまでさまざまです。

しかし一人ひとり必要となる量は違っています。

一人暮らしなのでカツオは半分の量がいいというおばあちゃんに本多さんはすぐさま対応しました。

鮮魚コーナーにすぐさま出向き、必要な量にカットしてもらうようにお願いしました。

また、新生姜を全部使えるか心配だという人には配られるレシピに食材を使い切るメニューも書いてあるので安心です。

イトーヨーカドーのクッキングサポートがここまでしてくれるとは知りませんでした。ぜひ利用してみたいですね。

 

 

まとめ

これまで常識だと思ってやっていた行動には実は違っていたことがたくさんありました。

サミットやイトーヨーカドーの特集ではお得なことがたくさん聞けてうれしいですが、近くに店舗がないことが残念です。

いつも通っている人はこれからは違う形で利用できそうですね!特にお店に出向く時間には注意したいところです!

行くときにはぜひ利用したいと思いました。

 - テレビ, 生活お役立ち情報