速報!スクープちゃんニュース

芸能、美容、スポーツ、事件、韓国芸能、トリビア的豆知識など幅広いジャンルの情報を発信していくブログです。

リオ五輪凱旋パレードの日程とコースは?穴場・人気スポットも

   




リオオリンピックも無事閉幕し、今年のオリンピックはメダル数が41個と過去最大の獲得数となりました。

金メダルも12個獲得し、今までで一番盛り上がったのではないでしょうか。

 

そして、そのリオオリンピックの健闘を称え、10月にリオオリンピック凱旋パレードが開かれることが決定しています。

今開催されているリオパラリンピックの選手たちも、もちろん参加しますよ!!

 

そこで、今回はリオオリンピック凱旋パレードについて簡単にご説明します。

日程や時間、コース、穴場スポットなども一緒にご紹介しますから事前によくチェックしてくださいね!


リオ五輪凱旋パレードとは?

リオ五輪凱旋パレードはリオオリンピックで活躍した選手たちを称え、東京で行われる凱旋パレードのことです。

 

これまでは前回のロンドンオリンピックでの凱旋パレードしか行われておらず、この凱旋パレードが日本で初めてのオリンピック凱旋パレードでした。

 

オリンピックの凱旋パレードといっても、ほかの凱旋パレードとの差はありまりなく、選手たちがオープンカーなどに乗って沿道の人たちに手を振ります。

 

ロンドンオリンピック凱旋パレードでは東京の銀座中央通り約1キロを20分間に渡り、凱旋しています。

金メダリスト7人を含む総勢71人のメダリストが参加し、沿道にはおよそ50万人の大観衆が集まりました。



 

写真を見てわかるように沿道にはパレードを見に来ている人々であふれかえっています。

こんなに人が多いのはあまり見たことがありませんよねえ・・・。

このとき行われた凱旋パレードは史上最多のメダル獲得を記念して行われたようです。

今回はその数を上回っているので、さらに盛り上がりを見せること間違いなしです!!!

 

 

日程と時間とコースが知りたい?

では気になる日程やコースについてご紹介します。

 

まず日程につきましては2016年10月7日(金)に行われることが決定しています。

 

前回のロンドンオリンピックのときの凱旋パレードはオリンピック閉幕直後の8月20日に行われています。

しかし、今回は10月と前回とはずいぶん日程がずれていますよね。

これは現在開催中のパラリンピックの選手たちも凱旋パレードに参加するためです。

前回の凱旋パレードではオリンピックに出た選手だけでしたので、今回はパラリンピックの選手たちも参加できるようにという配慮でこの日程になっています。

 

場所については現在、2020年の東京大会組織員会がある虎ノ門ヒルズ付近を起点に、銀座を経て日本橋までの約4キロのコースを検討していることがわかりました。




正式にはリオパラリンピックが閉幕した後に発表される予定です。

 

前回のロンドンオリンピックは銀座の中央通りの約1キロのコースだったのに対し、今回は約4倍と規模が大きくなるようです。

時間はまだ発表されていませんが、前回は午前11時からだったので、今回も午前11時から始まると思います。

また今回は約4キロのコースということで、1時間はかかるのではないのでしょうか。

そうなると日程は
時間:2016年10月7日(金) 11:00~12:00
場所:虎ノ門ヒルズ~銀座~日本橋
ということになると思います。


交通規制はどうなるの?

さて凱旋パレードを行うとなると交通規制が行われます。

コースとなる道路はもちろん封鎖され、あたりには選手たちを見に来た人であふれ返りますので、ほかにも封鎖や規制されるでしょう。

 

現時点(9月13日現在)そのあたりの詳細についてはまだ正式にはわかっていません。

しかし、前回よりも規模が大きくなる分、規制も広がるので、当日は周辺道路はほとんど封鎖されるのではないのでしょうか。

 

また気を付けてほしいのは交通手段です。

車で来るという人もいるかもしれませんが、どこまで規制されているかわかっていませんので、近くの駐車場には止められない可能性は大です。

また駐車場があったとしても止められる可能性も低いと思います。

 

そうなると一番いいのが公共交通機関を利用することです。

行くときには公共交通機関を使うことが勧められています。

当日には50万人以上の人が来ると思いますので、周辺駅はかなり混雑することはもはや必至です!

迷子やトラブル、スリなどの被害に合わないようご注意くださいね!

 

 

選手が良く見える人気穴場スポットを紹介!

せっかくパレードを見に行くのだから選手たちが見える穴場スポットを知りたいですね。

フジテレビの情報番組「直撃LIVEグッディ!」ではその穴場スポットについて紹介していました!

 

ゆりかもめ新橋駅の連絡通路






一つ目はスタートが見えると思われる【ゆりかもめ新橋駅の連絡通路】です。

ここからなら選手たちを真正面から見ることができます。

真正面というだけではなく、連絡通路からということなので足元を過ぎ去っていく選手の姿が見れることも人気の一つですね。

 

東京風月堂 銀座店 二階席



2つ目は【東京風月堂 銀座店の二階席】になります!!



洋菓子店の老舗である東京風月堂に銀座本店には2階にティールームがあり、そこから銀座通りが見えるようになっています。

ここからなら2階建てのバスからの選手がよく見えるようになると思いますよ!!



 

 

日本橋 あみ歯科



3つ目は【日本橋 あみ歯科】です。



なんと治療室から外が見えるようになっていてここから治療しながら凱旋パレードを見れる!ということですが、治療しながらは難しいかもしれません。

当日たまたま治療している人が2階建てバスを見下ろす形で楽しめそうです!うらやましい!


 

 

直撃LIVEグッディではこの3つが紹介されていましたが、ほかにも穴場スポットがあります。

その穴場というのはやはり建物内で2階以上の場所ですね。

沿道だと人の行き交いがありますあし、オープンカーだと選手が見えないと思います。

しかし、建物内だと人は少なめで店舗だと食事をしながら見ることもできます。

 


キラリトギンザ






銀座の入り口にあるキラリトギンザにはガラス張りが多いですし、パンケーキで有名なエッグスシングスにはテラス席があります。





4階にあるので、ちょっと高い位置から見ることになりますが、真上から見れるというのも面白いかもしれません。

 

ル・カフェ・ドトール


また銀座4丁目の交差点にあるル・カフェ・ドトールも穴場です。






ロンドン五輪凱旋パレードでも多くの人たちがここからパレードを見ていたそうです。

食事しながらも見ることができますので一石二鳥ですね。

どちらにしても人気が出そうな場所なので、当日朝早くから入店してずっと食事をしているかお茶を飲みながら待機をしないとバッチリ楽しむことは難しそうですね。

 

 

まとめ

前回を初めてとして今回は2回目のオリンピック凱旋パレードです。

今回はパラリンピックの選手たちも参加するので、日程は10月7日となっています。

コースは虎ノ門ヒルズ~銀座~日本橋の検討中です。

リオパラリンピック閉幕後に正式発表される予定です。

そのコースでは穴場スポットがいくつかありますので、見たいという方はぜひ参考にしてみてください。

やはり上から選手たちが見える場所は穴場になっています。

リオ五輪凱旋パレードを見に行って、選手たちの健闘とメダル獲得の喜びを分かち合いましょう!

 - お出かけ・レジャー, スポーツ