速報!スクープちゃんニュース

芸能、美容、スポーツ、事件、韓国芸能、トリビア的豆知識など幅広いジャンルの情報を発信していくブログです。

IQ246華麗なる事件簿(ドラマ)のキャストやあらすじを紹介

   



2016年の10月から始まる新ドラマ「IQ246華麗なる事件簿」。

主演はフジテレビで3年ぶりの連ドラ出演となる俳優の織田裕二さんです。

彼が演じるのはなんどIQ246の頭脳を持つ法門寺沙羅駆(ほうもんじ しゃらく)という男性・・・

名前が既に興味を湧かせますよね。

 

織田裕二さんといえば、熱い男のイメージが強く、役柄も「踊る大捜査線」の青島など熱血漢を演じることがありますが、今回演じるのは暇を持て余す天才。

織田さんのイメージとはかなり違った役柄です。

またほかの出演者には女刑事役に土屋太鳳さん、執事役にディーン・フジオカさん、監察医に中谷美紀さんと豪華俳優陣もそろっています。

 

そんな「IQ246華麗なる事件簿」がどんなドラマなのかあらすじやキャスト、そして視聴率についてなどご紹介します。


IQ246華麗なる事件簿のあらすじ

ドラマのあらすじは以下のようになっています。

北鎌倉には法門寺家という名家があり、その存在を知るものは少ない。

法門寺家はありとあらゆる学問を研究し、中でも犯罪研究に力を入れている家系であった。

 

さらに長男にはIQ246という頭脳が代々遺伝され、法門寺家の89代目当主・沙羅駆にもその頭脳が備わっている。

しかし、本人は「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する事件はないものか」と呟いていた。

 

そんなある日、警視庁の刑事・和藤奏子は突然、捜査一課に配属された。

しかし、彼女に与えられた仕事はなぜか法門寺家当主・沙羅駆の護衛だった。

挨拶に行けば、沙羅駆は家を抜け出し、事件現場に出くわしたり、無銭乗車で捕まったのにすぐに自由の身となったりと謎の人物であった。

しかし、一目見ただけで被害者の人となりや犯行の手口などを鮮やかに言い当てる沙羅駆。

 

IQ246の頭脳を駆使し、世間にはびこる難事件を膨大な知識と鮮やかな推理で解決していきます。

豪華キャスト陣を紹介!

それではドラマに出演する豪華キャスト陣を紹介します!

 

法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)【演・織田裕二】



やんごとなき貴族の末裔。

法門寺家は学問のみを追求してきた「学究派」の家系であり、長男には「IQ246」の頭脳が代々遺伝される。

沙羅駆は89代目当主。

その異能を恐れられ、時の権力者によって800年近く北鎌倉に存在を封じられてきた。

口癖は「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する事件はないものか」。

 

ドラマの主役で視聴率が決まるといわれるほどドラマの世界ってシビアなんですよね。

そこで日曜夜9時が選んだ主役が織田裕二さん。

ですが今回は今までの熱血漢としてのイメージを覆すかのようなちょっと変わり者の役のようです。

ちょっと設定は現実離れしているような気もしますが・・・

本格派のミステリードラマとなれるのかが今回のカギを握っているかもしれませんね。

世界陸上での熱すぎる様子などを感じさせないオリジナリティー溢れる変わり者をどう演じられるか、とても楽しみです!

 

 

和藤奏子(わとうそうこ)【演・土屋太鳳】



正義感が強い女性警官。

頭脳は凡人だが、体力には自信がある。

今どき女子ではあるものの、仕事も恋愛も思い込んだら一直線の猪突猛進タイプ。

男女問わずに惚れっぽいところがあり、それが例えすれ違男性でも犯人でも妄想してしまう恋愛体質である。

食欲が半端ない。

 

飛ぶ鳥を落とす勢いで連続ドラマに起用され続ける土屋太凰さん!

今回は猪突猛進な女性を演じるとのことで、変わり者の主人公に振り回されるような役どころなのかなという印象です。

 

 

89代目 賢正(けんせい)【演ディーン・フジオカ】



法門寺家に代々執事として仕えており、父親は沙羅駆の育ての親。

沙羅駆の道楽に付き合い、調べ物をしたり、時には推理も行う。

しかし、沙羅駆は彼の意見を意地でも認めない。

そのため、賢正はあくまで謙虚な姿勢であるものの、時にはそれがヒントになっていることもある。

子供じみている沙羅駆に対して賢正は人格者なので、彼の扱いに長けている。

彼の失礼な態度や行動をフォローするのも賢正である。

また主として沙羅駆を守るために、アスリート並の運動能力をもち、武芸も嗜んでいる。

 

沙羅駆の良きパートナー、まともな助言者という立ち位置で登場したのは日本全国の女性がお待ちかねのディーン様!

今回のディーン様の起用だけでもかなり視聴率のUPが期待されそうですね。

知的で品のある役柄がとても似合うディーン様なので今回の執事のような役どころはまさにぴったり!

この役で女性のハートをつかむことも間違いなさそうですね。

 

森本朋美(もりもとともみ)【演・中谷美紀】



法医学専門医 監察医。

検死をしながらビーカーで味噌汁を飲んだり、終わると死体に死に化粧を施したりする変人である。

法門寺沙羅駆に出会い、その推理能力に惚れるが沙羅駆には毎回冷たくあしらわれる。

しかし、好きがゆえに沙羅駆に頼まれると嫌とは言えずにいろいろ融通してしまう。

 

ドラマ「私結婚できないんじゃなくてしないんです」で好評だった中谷美紀さんが今回は変人役で登場です。

土屋さんと言い中谷さんといい女優陣もかなりの豪華さ!

存在感はありながらもしっかりと織田さん演じる沙羅駆を引き立ててくれることでしょう。

 

 

山田 次郎(やまだじろう)【演・宮尾俊太郎】



捜査一課の刑事。

灘、東大、ハーバードを常に首席で卒業した超インテリ。

拳銃、柔術、英語、フランス語など多才だが、名前が地味なので沙羅駆に名前を間違えられる。

いずれ、沙羅駆は犯罪者になるのではないかと危惧している。

 

バレエダンサーとして人気の宮尾俊太郎さんが連続ドラマに登場します。

ここでまた新たな視聴者層が望めそうですね、女性のファンが多いことは間違いないので・・・

宮尾さんは2010年に放送されたドラマ「ヤマトナデシコ七変化」以来のドラマ主演が2作目とあって演技力に賛否両論が出そうですね。

なんにせよイケメン要素であることは間違いないので、今回のドラマ次第で俳優としての活躍も変わってくるかと思われます!

 

 

今市 種子(いまいちたねこ)【演・真飛 聖】



捜査一課の刑事であり、山田とコンビを組む。

名前にコンプレックスがあり、本名を呼ばれると切れる。

子供の頃貧乏だったので、金持ちが嫌い。

だが、沙羅駆の才能には一目置くようになる。

沙羅駆の手柄を横取りし、山田と奪い合う。

 

元宝塚女優がドラマに出演と、また違った角度からのキャスティング!とても豪華ですね。

最近ではドラマ「私をはなさないで」や「神の舌を持つ男」などにも出演しており、今活躍の場を広げている女優さんの一人と言えるのではないでしょうか

 

88代目 賢丈(けんじょう)【演・寺島 進】



賢正の父親であり、沙羅駆の育ての親。

沙羅駆を実の息子のようにかわいがっている。

沙羅駆の将来が心配で、早く身を固めて、子どもを授かって欲しいと願っている。

沙羅駆を叱ることができる唯一の存在。

 

織田さんを育てたとして登場するのが寺島進さん。

この設定で、既に沙羅駆には両親がいないということになりますがその両親がいないということにも色々とミステリー要素が絡んできそうですね。

 


 

過去の織田裕二主演ドラマの視聴率は?

これまで織田裕二さんが出演したドラマで連ドラに出演したのは25本ほどありますが、その中で視聴率がわかっているものをまとめてみました。

 
年代 テレビ局 時間 タイトル 視聴率
1991年 フジテレビ 月9 「東京ラブストーリー」 22,9%
1993年 フジテレビ 水9 「振り返れば奴がいる」 16,8%
1994年 フジテレビ 水9 「お金がない」 20,5%
1996年 TBS 木10 「真昼の月」 20,7%
1997年 フジテレビ 火9 「踊る大捜査線」 18,2%
1998年 フジテレビ 水9 「恋はあせらず」 16,0%
2001年 フジテレビ 水9 「ロケットボーイ」 18,8%
2002年 TBS 木10 「真夜中の雨」 13,7%
2004年 フジテレビ 月9 「ラストクリスマス」 21.6%
2007年 TBS 日9 「冗談じゃない」 13.4%
2008年 フジテレビ 月9 「太陽と海の教室」 14,8%
2011年 フジテレビ 木10 「外交官黒田康作」  10,1%
2013年 フジテレビ 木10 「oh.my Dad」 9,2%
 

昔のドラマは人気だったものもあるので、視聴率高いですね。

しかし、最近のドラマはあまり視聴率がよくないです。

なので、今回のドラマもあまり視聴率がよくないかもしれません・・10%台をキープ出来れば最近の中でもいい方になるのではないでしょうか。

 

また放送日が日曜の夜9時という時間帯なので、人気番組が裏番組にあったり、この時間帯はサラリーマン層など40代前後の男性に人気のドラマが多いです。

例えば、『半沢直樹』『JIN-仁-』『南極大陸』などが代表的です。

当たれば大ヒットするものも多い時間帯ですが、はずれると低視聴率になってしまいます。

今回のドラマが視聴者の好みかどうかは微妙なところ。

 

しかし、話の内容自体は面白そうですしなによりもディーン様がいることが今回の視聴率に大きな影響を与えそうです。

 

なので、2桁10%くらいは最低でもいけるのではないかと思います!!

むしろ織田裕二さんのプライドにかけても10%は死守したいところですよね!

 

 

まとめ

織田さんが演じるのはIQ246の天才的頭脳をもった法門寺沙羅駆。

暇を持て余した沙羅駆がその頭脳を使って事件を解決していくストーリになっています。

 

ドラマの出演者には土屋太鳳さんやディーン・フジオカさん、中谷美紀さん、寺島進さんなど豪華キャストが揃っています。

 

これまで織田さんが出演した連ドラには「東京ラブストーリー」や「ラストクリスマス」「踊る大捜査線」など高視聴率のドラマがあります。

しかし、最近はテレビ離れもあり、視聴率は低迷。

さらに日曜9時という視聴率が最近特に低迷している時間帯です。

話は面白そうなので期待を込めて10%くらいの視聴率になるのではないかと予想しています!

 

そんなドラマは10月の日曜日夜9時からTBS系列で放送です!楽しみですね!!

 - ドラマ