速報!スクープちゃんニュース

芸能、美容、スポーツ、事件、韓国芸能、トリビア的豆知識など幅広いジャンルの情報を発信していくブログです。

スニッファー嗅覚捜査官(ドラマ)のあらすじは?阿部寛他キャストも

      2016/09/08

今秋にNHKでは「スニッファー嗅覚捜査官」というドラマが放送されます。

主人公は優れた嗅覚で事件を解決に導く・華岡信一郎。

その役を演じるのは俳優の阿部寛さんです。

またひねくれ者の華岡の相棒として組むのは香川照之さん演じる人情派刑事の小向達也。

この2人がコンビとして活躍するのがドラマ「スニッファー嗅覚捜査官」です。

 

しかし、実はこのドラマは日本オリジナルではなく、2013年にウクライナで製作・ロシアで大ヒットしたドラマが原作になっています。

つまり「スニッファー嗅覚捜査官」は海外ドラマのリメイク作品なのです。

日本のドラマやアニメが海外で放送されるということは聞いたことがありますが、海外のドラマが日本でリメイクされるのはあまり聞いたことがありません。

しかし、これまでに放送されたドラマの中にはリメイク作品が実はあります。

 

今回は「スニッファー嗅覚捜査官」の内容とあらすじ、キャストとともにリメイク作品をご紹介します。


ドラマの内容とあらすじ(ネタバレ)

【ドラマの内容】

『俺の鼻は間違えない』

人並み以上の特別な嗅覚をもっている特殊嗅覚。

その特殊嗅覚をもった主人公・華岡信一郎(演・阿部寛)。

別名“スニッファー(においを嗅ぐ人)”

彼がにおいをひと嗅ぎすれば、すべての事件が暴かれてしまいます。

人情派刑事の小向達郎(演・香川照之)とともに難解で奇妙な事件を鮮やかに解決へと導いていきます。

 

このような内容を聞いた限りで私はシャーロックホームズに少し似ているななんて思いました。

コンビで事件を解決していくという話はよくありますが、今回もなんだか性格の違う2人の男性がタッグを組んで様々な事件に立ち向かうというストーリーのようですね!

 

【あらすじ】

現在わかっているドラマのあらすじは以下のようになっています。

 

豪華客船で行われた大物代議士のパーティーで、爆弾を隠して持っていた男をにおいで嗅ぎ当てたのは華岡信一郎という男だった。

彼は特殊嗅覚で事件を解決するコンサルタントで、アメリカのFBIにスニッファー(においを嗅ぐ人)と呼ばれていました。

一方、警視庁の特別捜査支援室では小向刑事が着任してきます。

すると小向刑事は華岡と2人での事件捜査を命じられることになりました。

人情派の小向刑事はひねくれ者の華岡の世話係として適任だと思われたのです。

そんな2人が担当することになったのは正体不明の凶器が使われる殺人事件でした。

すると華岡は現場に残されたにおいから犯人像をあぶりしていきます。

 

いったい犯人はだれなのか。

そして正体不明の凶器とはいったい何なのか。

初回からかなり気になるポイントが多く、視聴者を引き付ける要素が満載の予感がしますね。

 

 

出演する豪華なキャストを紹介

 

ドラマに出演するのは以下の豪華キャストです。

そのほかにも毎回これまた豪華なゲストが登場予定になっています。

 

【華岡慎一郎役  阿部寛】



本作の主人公で人並み外れた特殊嗅覚を持つ。

現場の匂いで難事件を解決するコンサルタント。

性格はひねくれ者。

 

最近ではドラマ「下町ロケット」が大ヒットしたことが記憶に新しい阿部寛さん。

今回はひねくれ者のやくどころですが、過去にも映画「TRICK」でも相当のひねくれ者を演じていますし、映画「テルマエ・ロマエ」で見せてくれたあの表情豊かな演技力を見ていれば今回の作品への期待が高まってしまうのは必至といったところですよね。

役名が「華岡慎一郎」ということですが・・・これはきっと「鼻」にかけて「華岡」という名前にしたんでしょうね。

ちょっと気が付いてしまうと笑えてしまいますが、ただの「花」にしなかったあたりちょっとおしゃれだななんて思ってしまいました。

 

 

【小向達郎役   香川照之】



警視庁特別捜査支援室の人情派刑事。

華岡の相棒となる。

 

過去にも「MOZU」や「99.9%」、「ダブルフェイス」などで活躍してきた香川さんが今回阿部寛さんの相棒役に抜擢されました。

今までも主役を食う勢い、そしてクオリティの演技を見せてくれてきましたから今回はどんな表情を見せてくれるのかとても楽しみですよね。

人情派の刑事ということですから、情に訴えかけられたら断れない!みたいな熱い刑事になりそうです!

 

 

【末永由紀役  井川遥】



華岡が密かに心を寄せる耳鼻科医師。

 

ドラマのヒロインには年齢を重ねるごとに美しさを増す井川遥さんが抜擢されました。

耳鼻科医師ということで、華岡の「嗅覚」について様々な点から調査、そして助言をしていくのではないかと予想ができますね!

 

【片山恵美役  板谷由夏】



華岡の別れた妻。

 

やはり「ひねくれ者」というだけあって過去にもすでに離婚歴があったとは・・。

そんな華岡の過去を知る人物としてその元妻を演じるのは板谷由夏さんです。

クールな美貌を武器に今回の物語にどのようにかかわってくるのか注目ですね!

 

【野間口徹】



まだ役どころはわかっていませんが、俳優の野間口徹さんが出演します。

詳細が分かり次第、記事を更新したいとおもいます!

 

 

【小向刑事の母親役  吉行和子】

 



日本版オリジナルキャラクター。

 

日本版のオリジナルとして登場するのが香川さん演じる刑事の母親です。

まだ吉行和子さんが演じるということ意外は何もわかっていませんが、オリジナルキャラクターというだけあって今回の物語に深くかかわってくる人物であることは間違いないでしょう!

 

【劇団ひとり】



第1回ゲストに選ばれたのはなんと芸人の劇団ひとりさんでした。

 

これまでも映画監督や小説家など、その芸人という枠にとらわれない素晴らしい才能を見せてきた劇団ひとりさんですがテレビドラマにも多数出演されてきました。

最近では大河ドラマ「花燃ゆ」に出演していたことも記憶に新しいのではないでしょうか?

ゲストということで、事件の犯人役が濃厚なのではないか・・・なんて予想もしています。

どんな役どころ、そしてどんな演技を見せてくれるのかとても楽しみですよね!



 

 

海外版のスニッファー嗅覚捜査官との違いは?



今秋放送予定の『スニッファー嗅覚捜査官』は、実は日本オリジナルのドラマではありません。

原作は2013年にウクライナで「THE SNIFFER」として製作されました。

 

そしてそのドラマは世界的に大ヒット。

ロシアでは過去5年間で放送されたドラマの中で視聴率1位を獲得しています。

また海外のテレビドラマ祭では数々の賞を受賞しており、すでに世界60カ国以上の国々で放映権が取得されています。

今回は日本版として新たにリメイクされ、新たな事件と登場人物が登場します。

 

 

まず海外版と違うのは日本オリジナルのキャラクターです。

華岡の相棒である小向刑事の母親役として吉行和子さんが出演します。

どんな場面で登場するのでしょうか?

オリジナルで登場する限り、物語のキーマンを担うことは容易に想像がつきますよね。

 

ほかにもオリジナル版との違いがあります。

 

華岡がロシア版では私立探偵になっていることです。

日本版ではコンサルタントとなっているようですね。

まだ詳しく華岡の情報が出ていないので確認できませんが、もしかしたら本当は私立探偵でコンサルタントとして警視庁から依頼があったのかもしれません。

私立探偵でコンサルタントとしても活躍するとなるとかっこいい役柄ですね。

 

また海外版との違いとして新たな事件があるようですが、その内容はまだ明かされていません。

これから少しずつ詳しい内容が明らかになってくると思います!!

 

 

過去の海外ドラマのリメイク成功例

これまでは日本で製作されたドラマやアニメが海外でヒットし、リメイクされるという流れが多かったようです。

しかし、近年では『スニッファー嗅覚捜査官』のように海外でヒットしているドラマが日本に輸入されることも増えてきているそうです。

 

例えば、長瀬智也さんが主演したドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』も実は韓国の作品です。



このドラマはそのときに放送されたドラマの中で視聴率1位を獲得し、主題歌の「宙船」は今やTOKIOを代表する曲の一つです。

 

またTBSの金曜ドラマとして放送されたドラマ「美男ですね」も、もともとは韓国ドラマで何度も日本で再放送されていました。



その日本版の「美男ですね」では瀧本美織やKis-My-Ft2の玉森祐太や藤ヶ谷太輔が出演し、平均視聴率は10%となかなか高い視聴率です。

この2つのドラマは海外のドラマのリメイク版として成功したドラマの代表的なものです。

韓国が原作のものが多いですね。

 

韓流ドラマはひそかに人気なので、やっぱり日本版としてリメイクしやすいのでしょうか。

 

また現在放送中のドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』も実は韓国の作品。

韓国では「ミセンー未生ー」という名前で放送されていました。

 

しかし、「スニッファー嗅覚捜査官」はもともとウクライナで製作、ロシアで大ヒットの作品なので、どうなるかすこし心配です。

 

話の内容としては以前日テレで放送された人気ドラマ「デカワンコ」に似ています。

「デカワンコ」の主人公・花森一子も優れた嗅覚の持ち主で、その鼻を活かしてどんどん事件を解決していくストーリーとなっています。

なので、「スニッファー嗅覚捜査官」も面白いドラマになっていると思います!

どんな話が繰り広げられるのか楽しみですね。

 

 

まとめ

「スニッファー嗅覚捜査官」は実は海外ドラマのリメイク作品です。

特殊嗅覚を持つ華岡を演じる阿部寛さんと彼の相棒・小向刑事を演じる香川照之さんの2人が中心となって匂いで事件を解決していくドラマになっています。

日本のリメイク版ではオリジナルのキャラクターとして小向刑事の母親役の吉行和子さんが登場します。

また、これまで放送されてきたドラマの中には原作が海外のものもありました。

長瀬智也さんが主演したドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」や瀧本美織さん、Kis-My-Ft2の玉森さん・藤ヶ谷さんが出演した「美男ですね」もリメイク作品です。

また現在放送中のドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」も実は原作は海外ドラマです。

リメイクされる作品は韓国のドラマが多く、韓流ドラマの根強い人気が今もあるように感じられます。

しかし、今作は原作が韓国ドラマではなく、ウクライナで製作、ロシアでヒットしたドラマです。

日本人の感性と合うかどうか心配ですが、日テレでは以前似たドラマとして「デカワンコ」という作品が放送され、人気になっていました。

なので、「スニッファー嗅覚捜査官」も日本人には受け入れやすい内容だと思います。

また、阿部寛さんと香川照之さんというコンビがどんなやり取りをしてくれるのかも楽しみな作品となっています。

 

「スニッファー嗅覚捜査官」は10月22日(土)夜10時から全8話がNHKで放送予定です。

ぜひご覧ください!

 - ドラマ