速報!スクープちゃんニュース

芸能、美容、スポーツ、韓国芸能、トリビア的豆知識など幅広いジャンルの情報を発信していくブログです。

イルミネーションの写真をスマホで撮影!コツや便利なアプリは?

   



2017年も12月(師走)に突入しました!

今年も最後の月になりましたが、予定は、決まっていますか?

まだ決まっていないという方もいらっしゃるかと思います。。!

 

それなら、イルミネーションを見に行ってみませんか?

もうこの時期になるとイルミネーションで飾り立てて、どこも光り輝いてとても綺麗ですよ。

正直最近では街に出ればどこかしらに電飾がついていて・・

「ああ冬来たな・・」って私は実感しています(笑)

 

さてさて、もうすでに見に行こうと予定を立てている人もいると思います。

見に行ったら、景色や自分たちの記念写真をスマホで気軽に撮りたくなりますよね。

でも、「顔が真っ暗になっちゃった」とか「綺麗に撮れなかった」などよく聞きます。

せっかく行ったんだから、写真として綺麗に残したいですよね。

人によっては、インスタ映えを気にする人もいると思います。

そんな人のために少しでも役に立てられるようなイルミネーションの写真をスマホで撮影するコツや便利なアプリについて調べてみました♪

スポンサードリンク


イルミネーションの撮影をスマホでするときのコツは?



最近のスマホは、機種によってかなり性能が良くなり、綺麗に撮影できるようになってきました。

でも、やっぱり夜景撮影やイルミネーション撮影などは、難しいものです。

少しでも役立ててもらえるように頑張って、書いていきたいと思います。

それでは、イルミネーションの撮影をスマホでする時のコツを3つ紹介しますね。

 

1、三脚でスマホを固定する!

三脚でスマホを固定すれば、手ブレも抑えられるし、みんなと一緒に撮影することもできます。

最近のスマホは、夜景撮影モードや手ぶれ補正の機能が付いているものもありますが、やっぱりまず気を付けたいことは、手ブレですよね。

手ブレを抑えるためには、スマホを固定するのが1番です。

スマホを三脚に固定して、セルフタイマーを3秒間に設定して撮影すれば、手ブレを確実に抑えられます。

※ただ、三脚を使う場合は、絶対に安定した倒れないところで使って下さいね。

あまり安定していない場所で使うとシャッターが切れる瞬間に倒れてしまって、みんなが大慌てした姿や思わぬ変顔なんかが撮影されてしまうかもしれませんよ~|д゚)

 

2、明るさを調整する

ファーカスしたあとに明るさ(露出)を調整したこってありますか?

だいたいスマホで撮影する時って、自動で撮影することが多いと思います。

そこをちょっとした手間になりますが、露出を調整して撮影してみましょう。

 

iPhoneの場合は、タップしてフォーカスを合わせたあと、1回指を離してから画面を上下にスワイプ(指を押さえたまま動かす)します。

※露出調整の場合、上にスワイプすると明るくなり、下にスワイプすると暗くなります。

 

Androidスマホの場合は、自動ではなく、マニュアルモードに設定して、各種設定で明るさを調整しましょう。

※+(プラス)で明るくなり、-(マイナス)で暗くなります。

イルミネーションや夜景を撮影するなら、ちょっとした手間を掛けることが、綺麗に撮影するコツかもしれません。

 

 

3、太陽が沈んでからの薄明るい時間帯に撮影する。

この時間帯は、明るすぎず、暗くなりすぎず、程よい明るさが微妙にあリ、写真が綺麗に撮影できます。

人には好みがあるので、絶対とは言い難いですが、かなりの人が、この太陽が沈んだあとの数10分間に撮影した写真を気に入ってくれるようです。

※この時間帯は、時間との勝負になるので、あらかじめ気に入った構図やアングルを探しておきましょう。

 

いかがでしょうか、普段意識していないようなことなのでいざ!というときには忘れてしまいそうですよね。

ぜひその時はまたこちらの記事でチェックしてみてください(笑)

私も調べていてもすぐ忘れてしまう方なので・・・w

スポンサードリンク


iphone独特の設定とかってあるの?



iPhoneの機種によって性能の違いがありますが、HDR(エイチ・ディー・アールと読み、ハイダイナミックレンジの略)機能があります。

この機能は、露出の異なる写真を複数枚自動で撮影して、うまく撮影できた部分を残し、1枚の写真に仕上げる機能です。

普通に撮影するのと比べるとより肉眼で見た自然に近い写真に仕上げられるなんてとても便利な機能ですよね!

スマホの撮影で起こりがちな、明るい部分がより明るくなり過ぎ、暗い部分がより暗くなり過ぎるのを押さえてくれます。

※注意点としては、動いているものを撮影するときは、使用を控えた方が良いでしょう。

 

HDR機能は、連続した写真を複数枚撮影したあと1枚の写真に仕上げるわけなので、どうしてもブレが大きくなってしまう欠点があるそうです。

だから、動きのある写真を撮る時は使わず、景色や記念撮影の時などの動かないものを撮影する時に使うと良いと思います。

 

 

人物が一緒に映る時のポイントは?



なんかイルミネーションと一緒に撮影すると、どうしても顔が真っ暗になってあとから

「だれ!?」

っていう写真が出来上がった経験はありませんか?

イルミネーションと一緒に人物を入れて撮影する場合、背後からの光となってしまい、逆光になり、どうしても人物の表情が暗くなってしまいます。

だから、ペンライトやスマホのライトを使ったり、近くの街灯やイルミネーション自体の光で、人物や近くの被写体を明るくしてみましょう!

※あまり強く光を当てすぎず、左と右の両方から光が当たるようにして、影ができすぎないように注意します。

 

私も人と一緒に夜景を撮影したことがありますが、うまく撮影できず、何回も何回も撮り直しました・・・・

まさかペンライトやスマホのライト、街灯を使うとは、全く思い付かなかったので、今度試してみたいと思います!!

 

イルミネーションと撮るときは、自分にも輝きをプラスっ☆

ぜひ忘れないでおいてくださいね!

 

 

便利なアプリやアイテムはある?



最近では、スマホの機能が良くなってきていますが、そんなスマホでも、機種が古かったりすると便利な機能が付いていない場合があります。

そんな場合は、やっぱりアプリに頼りましょう。

アプリも沢山の種類があって、選択するのが大変だと思うので、3つ写真を撮る時に使えるアプリを紹介します。

1、夜撮カメラ

夜の撮影に優れたアプリで、ノイズ軽減や手ぶれ補正、セルフタイマー、ファーカスなどの機能があります。

iPhoneアプリはこちら!

Androidアプリはこちら!

 

2、Camera FV-5 Lite

このアプリがあれば、小さな一眼レフカメラのように撮影でき、多彩なマニュアル設定ができます。

Androidアプリはこちらから!

 

3、Cortex Camera

暗い場所でも綺麗に撮影できるアプリで、ノイズを防止でき、手ぶれ補正や暗い場所でもブレにくいです。

iPhoneアプリはこちらから!

 

3つほど紹介しましたが、まだまだ写真撮影に役立つアプリがあると思いうので、もし興味がある人がいたら下記のURLから探してみて下さい。

あなたの欲しいアプリが見つかる「Appliv」

iPhone、Android両方のアプリを探せるし、レビューもあるので、アプリ探しには、とても役立つサイトだと思います。

 

 

まとめ

イルミネーションの写真をスマホで綺麗に撮影するコツと便利なアプリについて書いてきました。

どうでしたか?

意外とちょっとしたコツでイルミネーションを綺麗に撮影出来るようになると思いますが、前もって撮影の練習しておくことをおすすめします。

アプリもいくつか紹介しているので、ぜひ、いろいろとこの機会に試してみて下さいね。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサードリンク

 - イルミネーション, 生活お役立ち情報