速報!スクープちゃんニュース

芸能、美容、スポーツ、事件、韓国芸能、トリビア的豆知識など幅広いジャンルの情報を発信していくブログです。

池江璃花子の彼氏や家族は?母親や中学・高校等プロフィールも

   



池江璃花子選手は16歳の高校生ながら水泳での日本記録を持つ天才少女です。

幼いころから水泳をしていた池江選手はほかにも数々の記録を樹立し、今回のリオオリンピックにも出場を決め、注目されています。

その強さの秘密はなんと“うんてい”です。

いったいどういうことなのでしょうか?

どうやら母親が関係しているようです。

また16歳の高校生と年頃の女の子で、スタイルが良くてかわいい!と話題の池江選手の恋愛事情についても調べてみました。

スポンサードリンク


池江璃花子選手のプロフィール

まずはプロフィールをご紹介します。



【名前】池江璃花子(いけえりかこ)

【生年月日】2000年7月4日(16歳)

【出身】東京都江戸川区

【身長】170㎝

【体重】56㎏

【趣味】水泳以外趣味はない

【特技】水泳

【出身中学】小岩第四中学校

【高校】淑徳巣鴨高等学校

池江璃花子選手が水泳を始めたのはなんと3歳の時。

兄妹の影響で水泳を始めたそうです。

そして5歳の時には自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライの4つの泳法を50m泳げるようになったそうです。

小さいころから桁違いな才能が見えていますね。

5歳と言えばまだまだ泳げるかどうかも怪しい子供が多いなか、すべてを制覇してしまうなんて驚きしかありません!

 

また小学校のときには地元のスイミングスクールに通い、小学6年のときに100mバタフライで出した記録“1分02秒3”は昭和48年からあるスクールの最速記録(大人も含めた)はいまだ破られていません。

大人も含めた記録で小学6年生の女の子が最速記録を出すなんて信じられませんよね。

しかし、実際にこの記録を池江選手が出したのはNHKの取材で明らかになっています!

 

また中学入学前のジュニアオリンピック春季大会では50m自由形で全国優勝しています。

中学は小岩第四中学に入学し、よりレベルの高い環境で練習するべくルネサンス亀戸へと入り、中学1年生のころから全国大会へと出場するレベルに。

全国でも上位入賞する常連で、2年生の時には50m自由形で1994年に源純夏さん(注:競泳選手です)が出した記録を更新し、中学記録を塗り替えました。

またほかの種目でも中学生記録を次々と更新し、中学3年生の時には全日本初制覇・世界選手権初出場を果たしています。

 

そして今年から高校生となった池江選手は淑徳巣鴨高等学校へ入学。

リオオリンピックへの出場も決め、日本史上最多7種目でオリンピック出場することになっています。

 

 

これまで樹立した記録がすごい!

中学生のころから記録を次々の更新していく池江選手。

日本記録も持っている彼女が今持つ記録がどれだけあるのかをまとめてみました!

 

≪長水路(50mプール)≫
50m自由形 日本記録・中学記録・高校記録】
100m自由形 日本記録・高校記録】
200m自由形 【高校記録・中学記録】
50mバタフライ 日本記録・高校記録】
100mバタフライ 日本記録・高校記録・中学記録】
 

≪短水路(25mプール)≫
50m自由形 【中学記録】
100m自由形 【中学記録】
200m自由形 【中学記録】
100mバタフライ 【中学記録】
 

同じ種目で高校や中学記録だけでなく、日本記録もとっているから驚きですよね。

日本記録は大人も含めているはずですが、まだ10代の池江選手が4つも日本記録保持者となっています。

最近でも7月に記録更新していると、成長が目覚ましいものがあります。

これからもどんどん記録が更新されていきそうですね。

まだ16歳なので、これからの将来が楽しみな選手ということが焼き付いたのではないでしょうか!

 

 

池江選手の強さの秘密はうんてい?

ですが、まだ高校生ながらなぜ彼女は速く泳げるのでしょうか。

その秘密は自宅にありました。

なんと自宅には“うんてい”があるのです!



 

“うんてい”といえば、学校などの校庭に設置してあるのが普通ですが、それが池江選手の自宅にはあります。

 

このうんていは池江選手のお母さんが彼女のために作ったそうです。

その理由は、運動能力は握るところからついていくからということ。

幼児教育者でもある池江選手のお母さんはこの方法を実践し、幼いころから池江選手にはなにかにぶら下がる機会をたくさん作りました。

まさか握るという行為が運動能力に関わってくるとは私は全く知りませんでした。。。

幼いころに経験していたら私の人生も変わったのかな・・・なんておもってしまいますよね!

 

本当にそうなのか怪しいと思う人もいるかもしれませんが、池江選手は小さいころから今までずっとこの方法を実践してきています。

そして、うんていで鍛えたおかげで池江選手は身長170㎝に対し、両手の長さは186㎝という長い手足を持っています。

この長い手足が池江選手の最大の武器です。

長い方がより遠くの水をかくことができるので、水泳にはとても有利になります。

スポンサードリンク


スタイルが良すぎると話題!

水泳を幼いころからやって体を鍛えているおかげでしょうか。

彼女のスタイルはとてもきれいなことで話題なんです!



水泳をやっているので方は少し肩ががっちりしていますが、170㎝の高身長でありながら体重は56㎏しかありません。

くびれもしっかりありますし、足はすらりとしていて長く見えます。

手足が長いのはやはり“うんてい”のおかげでしょうか。

手足の長さがコンプレックスの方にとっては羨ましいスタイルですね。

また、女性としては背が高くて、体重が軽いというだけで羨ましいものです。

私もとってもうらやましい・・!!

顔も女優の広末涼子さんに似ていてかわいい!と評判のようですよ。

スタイルもよくて女優に似ていてかわいいとは文句のつけようがないです!!ますます応援したくなっちゃいますね!

 

 

彼氏はいるの?

さて16歳ともなるとお年頃です。

コイバナなどに花を咲かせる年齢ですね。

普通なら彼氏がいてもおかしくないですが、そのあたりはどうなのでしょうか。

 

実は母親から池江選手は恋愛禁止令を出されていることがニッポン放送の取材でわかりました。

なぜかというと戦闘モードに入りづらくなるからだそうです。

確かに16歳とまだ若いので、恋愛モードに入るとそちらばかりになってしまいそうですが、せっかくの高校生活に恋愛がないというのはもったいない気もします。。

 

またアイドルに夢中になることもダメなようです。

どうしても水泳一本なんですね!

徹底した教育方針です。お母さんの力、思い、本当にすごいです。

なので、池江選手には彼氏がいないどころか恋愛もしていないことになりますね。

ちなみに好きなタイプは“るろうに剣心に出演していた時の佐藤健”だそうです!

今回のリオでの活躍によってはあこがれの人に会ったりできるかも!?ですね。

 

 

リオオリンピックでの試合日程は?金メダルは狙える?

ではリオオリンピックでの試合日程はどうなっているのでしょうか。

日本史上最多の7種目出場となる池江選手。

それぞれに種目の日程は以下のようになっていました。
100mバタフライ 8月7日(日)
4×100m自由形 8月7日(日)
4×200m自由形 8月11日(木)
400mメドレーリレー 8月13日(土)
50m自由形 8月13日(土)
100m自由形 8月11日(木)
200m自由形 8月9日(火)
 

7種目も出場する池江選手ですが、金メダルは狙えるのでしょうか。

 

池江選手が得意とするのは自由形ですが、バタフライでも世界に通用する力をもっています。
池江選手の自由形(50m)の記録は24秒74、世界記録では2009年にブリッタ・シュテフェン選手の23秒73と1秒しか差がありません。

またバタフライ(100m)では池江選手は57秒55の、世界記録では55秒64。

2秒差です。

 

まだまだ発展途上である池江選手なので、今度のリオオリンピックでも記録の更新はもちろん、世界に通用する力は十分にあります。

なので、自由形やバタフライでの金メダルが取れる可能性は高いと思いますよ!

 

 

まとめ

幼いころから母親の教育で鍛えられた池江選手。

その才能は見事に小さいころから開花し、記録を次々と更新しています。

意外な強さの秘密であるうんていでしたが、それが彼女の武器を作るきっかけにもなっていることがわかりました。

いよいよ今週末からはリオオリンピックが開催し、池江選手は最多出場の7種目。

どの種目で、金メダルがとれるのか楽しみですね!

スポンサードリンク

 - スポーツ