オフショルダーを着るとき下着やインナーはどうする?おすすめも♪



一昨年あたりから、じわじわとその人気を定着させつつあるオフショルダーの服、あなたはもうデビューしましたか?

デコルテが美しく見えて、着こなしによってはエレガントにもカジュアルにもなる女性らしい優秀アイテムですよね。

大胆に着こなせばセクシーな装いにもなって、まわりの人もドギマギ・・・なんてこともあったりして(笑)

 

ひょっとしたら、着てみたいけど思い通りに着こなす自信がなくて手が出せずにいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

『オフショルを買ったけどまだ着ていない・・・。』

そんなオフショルデビュー前のみなさん!

今回は、そんな皆さんのお役にたてたら嬉しいです。

スポンサードリンク


オフショルダーを着るとき困ること・・・



『肩見せ』『デコルテ見せ』で女子力アップ!

可愛くスッキリ着たいけど、いろいろと困りごともあるようです。

そんな皆さんの困りごとを、まとめてみましたのでご覧ください。

 

■ずり上がる



オフショルダーのデザインにもよりますが、襟元にゴムが入っているものはゴムが強いと手を挙げただけで、ずり上がってしまうようですね。

逆に、ゴムが弱いとずり下がってしまって・・・悲惨なことがおきてしまうから要注意です。

 

 

■露出


やはり大胆に肩やデコルテが見える分、『露出が多い』と後ろ指刺されることもあるようですね。

着ている方は、そんなつもりじゃないのに悲しいですよね。

 

オフィスではこんな風に襟元をずり上げて、無難にやり過ごしておくのも1つの手ですね。

 

 

■肩幅



肩幅が広かったり、いかり肩の人は着こなしに手こずっていらっしゃるようですね。

襟元にフリルなどの大きなアクセントがあるオフショルのトップスは、すっきりと小顔に見える効果があるのに残念です。

 

こんな感じの片方の肩だけ見せるデザインなら、ラインが斜めになって肩幅の広さが強調されないかもしれませんよ。

 

 

■勇気がない

肩だしの勇気が無くて、オフショルにタンクトップを合わせたり、見せるインナーと合わせたりして、違うコーデでごまかしている方も多いみたいですね。

 

こんな感じの肩が少し隠れているデザインなら、気にならなくていいかもですね。

 

他にも『オフショルの下には何を着ればいい?』『下着はどうすればいい?』などの困りごとがありました。

難易度が高いアイテムではないとおもいますが、やはり普段露出しない部分がでるアイテムだけに慣れている方が少なく悩みが絶えないといった印象も受けました。

私自身も、露出しすぎかななんておもって未だに手を出したことがないです・・( ;∀;)

スポンサードリンク


オフショルダーを着るときに下着やインナーはどうしてる?



困りごとの中にもあったように、下着やインナーにお困りの方も多いようです。

オフショルダーのトップスの下からブラのストラップやインナーがのぞくのは、確かにちょっと見苦しい・・・。

だからと言って、ストラップが無い下着は不安ですよね。

 

気になって調べてみたら、オフショルにぴったりの下着やインナーがあるようです。

それらを下に着たり、オフショルのデザインによってはタンクトップと合わせて着こなされているようですね。

もはやオフショルは夏だけでなく、ニットのオフショルも可愛く着こなしたいものです。

そんな時には、襟元が大きくあいたインナーが暖かくて大活躍ですね。

 

 

おすすめアイテムは?



それでは、オフショルにぴったりな下着やインナーをいくつかご紹介しますね。

 

■ブラ付きオフショルインナー

 

ニットのオフショルのインナーなどで活躍しそうです。

寒い季節のオフショルコーデの必需品ですね。

このインナー、オフショルデザインじゃなくても肩ひもが見えてほしくない洋服であれば活躍しそう!

結婚式のドレスのインナーにも使える( *´艸`)!?なんておもってしまいました。

 

 

■幅広ストラップ総レースハーフトップ

 

オフショルのデザインによっては、ストラップが見えても素敵なものもありますよね。

幅広でレースのストラップなら、のぞいて見えても可愛いかもです。

このデザインならだれかに仮に見られても可愛いですし、問題ないですよね♪

 

 

 

■ストラップレスブラ

 

ストラップが無いブラはずり落ちそうで落ち着きませんが、これなら解決しそうですね。

ストラップがない分、しっかり胸を支えてくれそうです。

色も白であれば、上に着るものが薄手のオフショルでも透ける可能性が低くなりますし、1着あるといろいろ活躍してくれそうですね!

 

■首元が大きく空いたレーストップ



レースの部分だけチラ見せしてもセクシーで素敵です。

ノンワイヤーでカップ付きだから楽チンかもですね。

>>オフショルインナーの詳細はこちら<<

一番初めにご紹介したものは長袖でしたが、こちらは暖かくなってからも活躍してくれそうな丈ですね!

 

 

まとめ



いかがでしたか?

ぜひ勇気を出してオフショルダーに挑戦していただきたいですが、『やっぱり無理』と思ったら、とりあえずボートネックで過ごすのもアリ。

あなたに合ったコーデでトレンドのオフショルダーを素敵に着こなしてくださいね。

スポンサードリンク